あこがれのツルツル肌

小学生の頃からムダ毛が気になり、自己処理を定期的に行ってきましたが、忙しい中のムダ毛処理に嫌けがさしてきました。
もう面倒くさいのも肌が荒れるのも嫌になり、「お金貯めて永久脱毛しよう。
」高校三年の夏に決意しました。

大学生になってバイト代を貯めて、いよいよ永久脱毛をしようと思い情報収集。
当時、地味で小心者だった私には、大手サロンの扉をたたく勇気はありませんでした。
コンプレックスの塊だった私は、脱毛メニュー以外の豊富なコースがあるサロンに通い始めたら、きっと、勧められるがままに美肌コースやら痩身コースも契約してしまいそうになるでしょうから。

地元密着型で脱毛専門で歴史のある所、尚且つ、通っている姿が目撃されにくい店を見つけ、体験申し込みしました。
電気脱毛で、毛穴に針を刺して電流を流し毛根を衰退させていく…という説明を聞いた時はびびりましたが、実際に体験してみたら、なんてことない痛みでした。
慣れてきたら、施術中に居眠りして高いびき…なんてこともありました。
親身に相談に乗って貰い、詳しい説明も受け、ここなら大丈夫と思い契約しました。

私の場合、剛毛で完全に脱毛完了するまで時間がかかりましたが、独身の内に永久脱毛に専念できて良かったと思っています。
自己処理でブツブツ鳥肌になってしまっていた脇も、すっかりツルツルです。
家事育児で忙しくても、脇がツルツルで薄着の季節も快適です。

いつか永久脱毛しようと思っている若者に伝えたい事は、思いきるなら、時間もお金も融通がきく独身の内がオススメです。
そして、信頼できるお店を見つけて下さいね。
キレイモ京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です